トップからのメッセージ
世界に誇る企業に成長する為に 代表取締役社長 塚本 高広
写真
価値ある製品・サービスを創出し、Howaブランドを浸透させる。
第3中期経営計画で豊和工業のブランド力向上・確立を掲げています。


工作機械、火器、建材、特装車両と分野の異なる4事業のそれぞれの業界の中でHowaというブランド力を高めて基盤強化を進めたい。ブランド力とは、製品やサービスに価値があると認めてもらう事。そのためには、新しい製品やサービスを提案していかなければいけません。常にお客様にとって何が良いのかを考えて、それを提案し、導入していただき「Howaに依頼して良かった」と言われることがメーカーとしての幸せであり、このサイクルを繰り返すことで持続的な成長ができると考えます。

また、ブランド力向上には、絶対的な品質が不可欠です。品質に対する信頼は“製品”に対する信頼だけではなく“人”に対する信頼も含まれていると考えています。お客様のニーズに合わせて製品を作り上げるオーダーメイド色の強いHowaでは、市場やお客様が求めるモノをしっかりと汲み取り、製品やサービスというカタチで提案していく事が求められます。そのためには、自らを磨き、お客様からの信頼を勝ち得た上で、コミュニケーションを常に図り、その信頼関係を継続していくことが重要となります。
200年続く企業を目指し、“開発”が大好きな人材を求める。
まず文系、理系問わず“新しいものを生み出すこと”が大好きである事。


メーカーとして常に製品・サービス・技術においてリードしていないといけません。他社と比べて遅れを感じた時に素直に“悔しい”、“上に行きたい”と負けず嫌いかつ向上心が必要です。そして新しいものを生み出すには、常に外に目を向け、外への好奇心を持っていなければいけません。

また、成長のためには現状に満足しないことが必要です。当社としても100年以上蓄積された技術・ノウハウ・歴史を大事にしつつも、改革・変革を進めています。1つ1つの事に疑問を抱き、有耶無耶のままにせず、理解をする事。その上で、どうすればより良くなるか改善意識を持つことが重要です。

そして、どんな仕事においても提案する際は、説得力が必要となります。説得し、納得してもらうには話し方も大切ですが、いかにロジカルに伝えるかが重要だと考えます。論理的な思考力を基に、相手が共感、納得のできる話の流れを作る。そのためにも、学生のうちに現状を良しとせず、ものごとに“疑問“を持ち、「どうしてそうなのか」「何故なのか」を理解した上で、どうするべきかを考えて行動し、様々な体験をして応用力を身に付けることが必要です。 当社は、200年続く企業を目指して、全社一丸となり、とことんやるという姿勢で邁進しております。 皆様にも、日々の学業や生活の中でどんな小さな物事においても悔いのないように“とことんやる“姿勢を持ち、様々な経験を積んでください。そんな姿勢の皆様と一緒に新たな未来を築き上げていきたいと考えております。